角膜輪部フリクテン

◆TOP > 代表的な角膜疾患 > 角膜輪部フリクテン

角膜輪部フリクテンとは

角膜輪部(黒目と白目の境目)に、小さな白い膨らみが水泡のようにできる病気です。

角膜輪部フリクテン

原因

ブドウ球菌やアクネ菌、結核菌等に対する過敏反応で生じます。小児~若年によく発症します。

主な自覚症状

角膜輪部,角膜または眼球結膜上に黄灰色の小隆起(フリクテン)が現れ,症状は 数日から2週間続きます。結膜上では、痕を残さずに治癒します。角膜が侵された場合、重度の流涙、羞明、疼痛、異物感等の症状が現れます。頻繁な再発、特に二次感染を伴う場合は、角膜混濁および新生血管を引き起こし、視力低下する場合があるので注意が必要です。

主な治療方法

ステロイド、抗生物質の点眼が有効です。難治性の場合は免疫抑制剤の点眼なども使用します。