ドライアイ(乾性角結膜炎)

◆TOP > 代表的な角膜疾患 > ドライアイ(乾性角結膜炎)

ドライアイ(乾性角結膜炎)とは

ドライアイは、涙の量が少なくなったり涙の成分が変化することによって、目の表面の涙や粘膜に異常が起き、乾きや痛み・ゴロゴロ感、見えにくさなどの色々な症状が現れる病気です。

ドライアイ(乾性角結膜炎)

原因

■生活環境的要因
・睡眠不足、ストレス、乾燥した部屋(エアコン)、コンタクトレンズの装用などまばたきの減る作業や、パソコン、TVゲーム、細かい作業、読書、運転など。

■病気の影響
・「上輪部角結膜炎」ドライアイ疾患の一つで、涙が目の表面全体に行き届かず、黒目の上部に傷が慢性的にできる症状。
・「眼瞼痙攣」まばたきは涙を目の表面に均一に分布させるが、まばたきの機能に異常が起こるとドライアイを併発することがある。
・「眼類天疱瘡」水疱が瞼球に癒着しドライアイを併発することがある。
・「シェーグレン症候群」涙腺と唾液腺の臓器特異的自己免疫疾患。
・「涙腺の外分泌腺の障害」涙がでなくなる。
・「スティーブンス・ジョンソン症候群」抗生物質や解熱剤の副作用で発症し、全身にやけどのような症状が現れ、眼の結膜等の粘膜に発赤、紅斑、びらん、水疱がみられる。

■薬の影響
・血圧を下げる薬

■その他
・屈折矯正手術後(LASIK)、
・目が大きい(涙の蒸発が多くなるため)
・加齢(加齢に伴い涙の分泌が低下するため)

主な症状

乾性角結膜炎ではさまざまな不快な症状が現れます。
主に、目が痛くなる、目が開けづらくなる、目が重たくなる、見えづらくなる、コンタクトレンズがつけられなくなる、目の感染症になる、などがあります。
特にコンタクトレンズをしていると、目の痛みに気付かない場合があります。痛みがなくても、定期的に医師の診察を受けることをおすすめします。また、乾性角結膜炎が進行すると、涙の量・バランスが崩れて目の表面の細胞がはがれ、傷ができることもあります。

ドライアイチェック

  • 目を酷使する。(パソコン・読書・車の運転等)
  • 毎日、冷暖房のきいた部屋にいる。
  • 目に不快感がある。
  • 目が重たい感じがする。
  • 目がかゆい、メヤニが出る。
  • 涙が出る。
  • 目がかすむ。
  • 光を見るとまぶしい。
  • 目が疲れやすい。
  • 目が充血する。

一言で乾性角結膜炎と言ってもその症状はさまざまです。上のチェック項目の内、5個以上当てはまる場合はドライアイの可能性が高いでしょう。
ドライアイは環境的な要因が大きいです。長期間に渡る医師の管理が必要です。
気になる症状がございましたら、一度受診をおすすめします。

主な検査方法

ドライアイの診断にはいくつかの検査を行なう必要があります。涙の分泌量を調べる検査や、角膜(黒目)・結膜(白目)の評価、試験薬を用いた検査などを行い診断します。いずれの検査も痛みはほとんど無く、短時間で終了します。

涙の量的質的検査

ZQ(ゾーンクイック)検査…専用の糸を下まぶたの端に15秒間挿入し、涙でぬれた糸の長さで涙の量を測ります。

BUT検査…目を開いてから目の表面の涙の膜が破壊されるまでの時間(Break Up Time)を測ります。

目の表面の障害を見る検査

顕微鏡検査…フルオレセインという黄緑色の試薬を点眼すると角膜(黒目)の障害された部位が染まるので、顕微鏡で染色部を観察して障害の程度をみます。

主な治療方法

●点眼液による治療

主な点眼治療の方法は、人工涙液を点眼し、不足した涙液を補う方法です。点眼液に含まれる防腐剤は、副作用が起こりやすいので、点眼液は防腐剤を含まないものを使用しましょう。

  • ソフトサンティア

    人工涙液
    涙液不足に伴う目のかわき・異物感などの不快な症状を改善します。コンタクトレンズに対して何ら影響を及ぼさないことが確かめられていますので、すべてのタイプのコンタクトレンズを装着したまま点眼することができ、コンタクトレンズ装用時の不快感、目の疲れ、目のかすみ、目のかわきなどの諸症状を改善します。

  • ソフトサンティア

  • ヒアレイン点眼液0.1%

    ヒアルロン酸ナトリウム
    角膜上皮細胞の接着、伸展を促進し、角膜上皮の創傷の治癒を促進します。また、涙を保持し安定させて目の乾燥を防ぎます。

  • ヒアレイン点眼液0.1%

  • ヒアレインミニ点眼液0.1%

    ヒアルロン酸ナトリウム
    角膜上皮細胞の接着、伸展を促進し、角膜上皮の創傷の治癒を促進します。また、涙を保持し安定させて目の乾燥を防ぎます。

  • ヒアレインミニ点眼液0.1%

  • ティアバランス0.1%点眼液

    ヒアルロン酸ナトリウム
    涙液保持作用により点眼後の涙液の貯留量を増加させ、さらに角膜上皮の障害の治癒を促進させます。通常、シェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、ドライアイなどの内因性疾患、術後・薬剤性・外傷・コンタクトレンズ装用などによる外因性疾患に伴う角結膜上皮障害の治療に用いられます。

  • ティアバランス0.1%点眼液

  • ジクアス点眼液

    ムチン
    涙の成分であるムチンや水分の分泌を促進し、涙の状態を改善することで角結膜上皮の障害を改善します。

  • ソフトサンティア

点眼液の使用方法
①手を石鹸でよく洗いましょう。
②頭を後方に傾け、天井を見つめるようにします。下まぶたを軽く引っ張り容器を眼の真上に持ってきて、点眼します。
※容器の先がまぶたの縁やまつげに触れないようにします。
※点眼剤は、たくさん点眼すれば効果があるというものではありません。決められた点眼滴数と点眼回数を守りましょう。
③点眼後は少なくとも1分間~5分間、眼を静かに閉じ、目頭を軽くおさえます。
※あふれた点眼液は、清潔なガーゼやティッシュでふき取って下さい。

2種類以上の目薬を続けて点眼する場合は、5分以上間隔をあけましょう。
点眼容器も記載されている使用期限は開封前を指したものです。開封後は1ヶ月以内に使い切って下さい。
●アイホットによる治療
点眼だけでは症状が改善されない場合には、眼を温めると症状が改善し楽になります。ドライアイの治療に「アイホット」という器械を用いることがあります。

  • アイホットは皮膚への浸透力のある赤色光を使用したあんぽう器です。マイボーム腺を温めることにより、脂分の分泌が促進されます。分泌した油分は目疲れを癒す最適な油層を目の表面に形成します。

●涙点閉鎖による治療
涙は目の表面から蒸発する以外はほとんどが涙点から鼻に出る為、 涙点を閉じて涙の流出を抑え、涙を眼の表面に十分に溜める方法です。
当院では涙点プラグを利用した治療をしております。
→涙点プラグの詳細はこちら