角膜びらん

◆TOP > 代表的な角膜疾患 > 角膜びらん

角膜びらんとは

角膜の表面が部分的にとれた状態を「びらん」と言います。視力障害は残らないのが一般的です。
角膜びらんを繰り返す「再発性角膜びらん」になる場合もあります。

角膜上皮びらん…角膜上皮の欠損。

再発性角膜びらん(角膜上皮剥離)…角膜上皮びらんが突発し、治癒後もしばしば再発を繰り返す疾患。

角膜ジストロフィー…白い不透明な無機物が角膜に沈着して両目の角膜が白濁する遺伝性の病気です。左右の目の同じ位置に、対称的に白濁点が現れます。

原因

多くは外傷、異物飛入、コンタクトレンズ障害など、外的な要因で起こります。また、糖尿病や、角膜ジストロフィーなどの内的な要因でも起こります。

主な自覚症状

眼のころつき、痛み、白眼の充血が起こります。涙もたくさん出ますが、目やにはあまり出ません。
再発性角膜びらんの人はこれらの症状がとくに強く、また、朝起きた時に突然起こるのが特徴です。

主な治療方法

症状が非常に軽い場合は、感染予防の抗菌点眼薬をするだけということもありますが、通常は抗菌薬の眼軟膏(がんなんこう)を塗布して、眼帯をします。
びらんの大きさにもよりますが、通常は数日で治ります。

再発性の場合は、1回ごとの治療は単純なびらんと同じですが、より痛みが強く、また、いったん治った直後に再発することもあるため、治療的に保護用のソフトコンタクトレンズを使用することもあります。